王冠2主要キャラ 神聖騎士達

宝石ブルー神聖神殿隊騎士

敵方キャラ紹介 インタビュー 虹アースルーリンド世界観
『二年目』キャラ 
  ベル作品一覧

2014年01月23日

体の鍛え方について、聞いてみました。

この間、ギュンターの「胸筋を鍛えるのを忘れない」

のセリフについ、思い立って

聞いてみました。

「どうやって鍛えるんですか?
やっぱ、腕立て伏せとか?」

ギュンターパンチあのな。貧乏貴族だぞ?

そんな時間取れるか?

小麦袋を運ぶついでに、上下左右に持ち上げたり。

旅先で、見事な筋肉の男に聞いてみたら

ともかく日常雑務をこなしながらやる。

例えば…。

「例えば?」

ギュンターパンチ果物籠を両腕に持って

持ち上げたり、それで走ったり。

中身が飛び跳ねても飛び散らないものなら

それを飛びながら運ぶ。

「つまり…わざわざ鍛えるんじゃなく

日常生活を送る最中、してる。と」

ギュンターパンチそうだ。

常に雑用をしてる。

掃除の後なら汚れた水桶を運ぶし。

市場で芋や小麦を買い込む時は、まとめ買いして

それを運ぶ。

十分鍛えられるぞ?

「…なる程。女性達が貴方の美貌から思い描く

美しい騎士の図からは

遠く離れてますが、貴方らしいですね。

アイリスはどうです?」

アイリスパンチ我が家に代々伝わる腕輪や足輪がある。

これがとんでもなく重い。

これを日常、衣服の下にずっと付けて生活すると、

自然に筋肉が付いてる。

後、付けたまま剣の型を振り続ける。

取って剣を振ると、とんでもなく早く剣が振れる。

「…一見優雅ですが………。かなりハードですよね?」

アイリスパンチ慣れれば、別に?

ローランデパンチ教練時代もまさか…。

付けてなかったか?

アイリスパンチ付けてた。

オーガスタスパンチ…それでいつも

だぶっ。とした衣服だったのか…。

しかしそれが優雅に見えてるから凄い。

ローフィスパンチそれで近衛に来てめきめき頭角を現したのか。

ギュンターパンチ流石に戦闘中は、外したんだな?

アイリスパンチあんなもの付けて負けて死んだら

凄く恥ずかしいじゃないか………。

遺体になって服を脱がされでもしたら……。

オーガスタス、ローフィス、ギュンターパンチ笑われるな。

間違い無く。

アイリス、頷く。

「ディングレーさんはどうです?」

ディングレーパンチローフィスに鍛えられたし

ディアヴォロスがいとこだし。

ディアヴォロスの鍛え方を聞いたら、山に連れて行かれた。

殆ど食料も持たず、崖や岩山を身一つでよじ登り

食事は自炊。獲物は自分で捕る。

しょっ中獣と出会う。狼。熊。猪。

時には豹。一度南寄りに行ったときは、ライオン。

勿論、相手が襲ってきたら、戦わないと死ぬ。

鷲に襲われた事もあった。鹿肉を背負っていたから。

奴に取られるとこっちが飢えるから

戦うしかない。

が相手は空中から襲って来るし、太陽の反射を利用する。

オーガスタスパンチ…負けたんだな?

ローフィス、頷きながらパンチ鹿肉を取られたんだろう?

ディングレー、吐息混じりにパンチその上、腹ぺこで

ふらふらな時に狼に襲われて死にかけた。

寸ででディアヴォロスに助けられたが。

だが彼に付いて行く前約束させられた。

自分の面倒は自分で見る。

それが出来なければその場で終わりだ。と。

ギュンターパンチ…で、終わったのか?

ディングレーパンチ山を降ろされた。

次に彼が出かける時、また必死で頼み込んで、

強引に付いて行った。

…やっぱり彼の最終目的地までは一緒に

居られなかった。

ローフィスパンチ過酷すぎて?

ディングレー、頷く。パンチあれは人間向きじゃない。

ディアスの筋肉が凄い理由が、身に染みて解ったし

彼の剣が早い理由もだ。

獣に襲われる時ですら、ディアスは相手の獣が

苦しまないよう気遣って殺す。

一撃。一瞬で。しかも痛みすら感じさせまい。と。

なぜなら相手は生きる為に戦いを挑んでくるからだ。と。

侵略や略奪の為でなく。

俺は生き延びる為に狼の群れと戦い

やっと倒して負った傷の痛みで気絶しそうだった時

俺の斬った狼が半端な怪我で苦しんでいると

ディアスが止めを刺して俺に言った。

『苦しませるな』

…それを聞いて、俺は気絶したが。

一同パンチ……………。

「…凄く、ハードですね………。

ディンダーデンは話題のせいかとても無口ですが…」

ディンダーデンパンチ鍛える。なんて馬鹿げてる。

オーガスタスパンチだがその肩は半端無いじゃないか。

脱ぐと筋肉隆々だろう?

ディンダーデン、お前に言われたく無い。と眉間を寄せる。

パンチ餓鬼の頃から、強そうな相手を見つけては

喧嘩をふっかけ続けてりゃ、こうなる。

ローフィスパンチ…他には全然何もしてないのか?

訓練とかは特に?

ディンダーデンパンチしてない。ひたすら喧嘩をする。

まあ、多い時は朝から晩まで違う相手を取っ替え引っ替え

喧嘩し続けたな。

一同、唖然。

ディンダーデンパンチ顔は崩したくないし、殴られると

猛烈に頭に来て、何か何でも殴り倒そう。としてると

自然と筋肉は付くもんじゃ無いのか?

ギュンターパンチ…それでいつも、戦闘の無い時

俺を誘って喧嘩しに行くのか?

ディンダーデンパンチまあ一種のトレーニングだ。

憂さ晴らしがメインだが。

皆、絶句。

「…………ええと。ローフィスさんは?」

ローフィスパンチ俺もギュンターと同様だな。

旅の途中で、木登りしたり崖を登ったり。

物を運んだり。盗賊から逃げ回るには、はしっこく無いとな。

流石に、短剣を使えるようになったら

走り続けなくても良くなったが。

「それでシェイル曰くかもしかのような足。

に成ったんですか?」

ローフィスパンチシェイル連れて旅して見ろ。

しょっ中盗賊に狙われる。

ダイヤ見せびらかしてるのと、変わらないからな。

まだ餓鬼の頃は、ひたすら走り回り逃げ続けた。

親父が居ない時に襲われたら

俺の責任だったからな。

シェイルの体力の無かった頃は

あいつを木の洞に隠し、俺が囮になって

走り続けた。

まあ、野山を逃げ回れば自然、身軽になる。

「ローランデさんは、ずっと剣を振っていたんですよね?」

ローランデパンチ無茶苦茶言われた。

木の葉や草木ならまだいい。

風や水を斬れ。と迄言われた。

ギュンターパンチ斬れる筈無いだろう。そんなもん。

ローランデパンチけどお陰で気配がすると

直ぐに剣を振れるように成った。

人が動けば風が起こる。

水を斬る訓練は、滝を相手にした。

足場が悪く、塗れて滑るか、水の中だから

もたつくと転ぶ。

足腰が鍛えられたし、バランス感覚もだ。

滝の水を斬ろうと思ったら

思い切りと気合いが居る。

で無いと、水量に負けるから」

オーガスタスパンチそれ位常識外れのものを斬らないと

奴のような常識外れた剣士には成れないのか?

「オーガスタスさんは?」

オーガスタスパンチ俺は餓鬼の頃奴隷に売られ

戦士として鍛えられたし、毎日餓鬼を剣で嬲って

憂さを晴らそうとしてる、戦士崩れの相手をさせられた。

南領地ノンアクタルは、闘技場で戦士を戦わせ

賭ける見せ物が、さかんだったからな。

そこで勝ち上ると、

大物貴族に護衛に召し抱えられる。

でなきゃ、怪我を負って不具に成るか

死ぬ。

簡単なルールはあるが、殆どが何でもあり。の

汚い戦いだ。卑怯な手も平気で使う。

だがそれでも勝たなきゃ、生き残れない。

ディングレーパンチ…で、闘技場に出たのか?

オーガスタスパンチ八歳から少年の部があって

その頃からずっと出てた。

有り難い事に、一応同年としか戦わない。

俺は図体がでかかったから、毎度勝てた。

それに、餓鬼の部は、剣は潰してあった。

だが二度続けて勝つと

年上の相手と戦う権利が与えられる。

与えられる。と言っても、「やれ」と言うのと同じだ。

俺は勝ち続けて、餓鬼の部を制覇した。

その後だ。俺を見たがる貴族達の舞踏会に呼ばれたのは。

そこに、今の養父が居た。

ディンダーデンパンチ毎日、戦ってたのか?

オーガスタスパンチ俺と、代わりたかったろう?

ディンダーデンパンチ…かもな。

ローフィスパンチ餓鬼の部。は何歳までだ?

オーガスタスパンチ12才。

ギュンターパンチそれはお前が、いくつの時の話だ?

オーガスタスパンチだから…八歳だ。

勝ち上がるのが早かったから、闘技場は早く抜けた。

最も俺はそれを狙っていたが。

その後、貴族達の余興に呼ばれる。

だが…そっちの方は年齢なんて考えてくれないから

生き残るのは難しい。だが…。

ローランデパンチだが?

オーガスタスパンチ大抵は、

若くして勝ち上がった者を手元に置いて育てよう。

とする貴族も居る。

余興に出た時、俺は集まった貴族の中で

良さそうな男数人に自分を売り込んだ。

今の親父は俺を奴隷商人から買い…

そして直ぐ、養子にしてくれた。

(舞踏会とオーガスタスは言ってますが、幾度か出た余興に

確かにゼッデネスは居たようです。

オーガスタスは自分を売り込んだ。と言ってますが

この頃ゼッデネスは友人に女奴隷を勧められていて

そこ迄オーガスタスに注意を払っていなかったとか。

ただ凄く、引っかかってたみたいです。

もっと真剣に買う奴隷を見定める戦いの場は別。

ゼッデネスがオーガスタスの戦い振りに心酔した場は

もっとやさぐれた感じの場所だったらしいです。

ただ、舞踏会で引っかかっていたので

そんな場にもオーガスタスに会いに出かけたらしい。

またオーガスタスの方も皆の手前

あまり暗い悲惨な話は、割愛しているようです)

条件は、家名を守るだけの剣の腕を身に付ける事。

付けてくれた剣の講師は俺の戦いがあんまり荒く

騎士のマナーを教え込むのに、苦労した。

ディンダーデンパンチ養父は、子供が居なかったのか?

オーガスタスパンチ昔の戦闘で傷を負い

子が出来ない体だったし

未だに杖を放せないからな。

ローランデパンチでも、良かった。

若くして養父に恵まれて。

オーガスタスパンチ確かにな!

養子にする物好きな男は滅多に居ない。

大抵はお抱え護衛が関の山だからな。

…話を聞いていると、皆さん強い理由がわかります………。

ディンダーデンパンチギュンターは今だ

小麦の袋も果物籠も、マトモに運ばないしな。

ギュンターパンチ癖になってるからな…。

ディンダーデンパンチ俺の薬瓶の時だけは、

走りながら運ぶのは止めてくれ。

ギュンターパンチ…砒素が零れてると大変だから

もうしない。

ローフィスパンチもう…って事は、した事があるんだな?

ディンダーデンパンチ猛毒の瓶が入ってた。

良く割れずに居たもんだ。と奴の悪運強さに、感動した。

一同パンチ…………………。
posted by あーす at 10:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック