王冠2主要キャラ 神聖騎士達

宝石ブルー神聖神殿隊騎士

敵方キャラ紹介 インタビュー 虹アースルーリンド世界観
『二年目』キャラ 
  ベル作品一覧

2014年01月23日

アイリスとギュンター「騎士について」

さて。「ファントレイユとの出会い」に出ていたアイリスとギュンターに、インタビューしてみましょうか。


皆さん、お疲れさま。

ともかく、番外編の方は終了したようですが・・・。

アイリス:私の出番があるとは思っていなかったが。

ですね。ギュンターさんとご一緒のようですが・・・。彼に一言。

アイリス:正直、ここまでこぎつけて、ほっとしている。
何せ、彼は自分の役職に全然執着していないから、今まで
何度、免職になりかけたかと思うとね・・・。

貴方がいつも、彼の免職を救っていますが
やはりご苦労されましたか?

アイリス:当たり前だろう?本人がどうでもいいとか、
思っているからね。
だが私達の都合で彼を今の地位に、縛り付けているんだから。

ギュンター:・・・そんな風に思っていたのか?
俺は奇特なヤツだと感心していたのに。

アイリス:だって、自分の地位に執着していたら
敵に対してもっと用心深くなる筈だろう?

ギュンター:・・・まあ確かに、クビになったらその時だとは、
考えていた。
・・・だがお前は一度も、ドッセルスキに対抗する勢力として
俺と俺の地位が必要だとは、口にしなかったろう?

アイリス:言うまでもないだろう?
第一、口にするのは無粋だ。

ギュンター:・・・そうだったのか?
お前は俺と違って大貴族だし・・・・・・。
一番睨まれてたのは俺だろう?
お前は反ドッセルスキ派を庇う一番の大物だったから、
ついでに俺の面倒も見てるのかと思っていた。

アイリス:折角良く見て貰えて嬉しいんだが
利害があるから力を貸してるに決まっているだろう?

ギュンター:利害なら、お前もドッセルスキに
つくべきじゃないのか?

アイリス:冗談だろう?あんなロクに剣も使えない男が
将軍に居座っていたら、何のために軍功を上げるのか
皆解らなくなって騎士達は腕を磨くのが
馬鹿馬鹿しくなるし、第一君みたいに思い切り
暴れる事が大好きな男が仕切ってた方が軍らしいだろう?

ギュンター:俺はただの暴れん坊だ。
お前みたいに上手く立ち回る気もない。

アイリス:だが上手くやってるじゃないか。
それに、いくじなしが上で威張るだけ威張って、腕の立つ
本物の騎士を前線で戦わせ
栄誉だけは自分が独り占めしようなんて、
そんなみっともない軍に居るだなんて、
こんな恥ずかしい事はないだろう?

ギュンター:それについては全く同感だ。
ずっとギデオンの家系が右将軍を継いで来たろう?
将軍とは、兵の先頭に立って敵に斬り込むものだと
思いこんでいたから、ドッセルスキは本当に
みっともなかった。

アイリス:だろう?騎士ってのは格好いいと思っていたのに
あんなヤツが騎士だとでかい面して、一番高い地位についたら
・・・・・・恥ずかしくて騎士なんてやってられないぞ?

ギュンター:お前、格好付けるのが好きなのか?

アイリス:じゃなきゃ、どうしてあんなに色々な苦労に
歯を食いしばって頑張ると思ってるんだ?
格好付けたいからに、決まってる。

ギュンター:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

あの・・・・・・。ギュンターさんが、絶句してます・・・・・・。

アイリス:格好付けなきゃ、楽に決まってる。

それは・・・・・・解りますが・・・・・・。

正直貴方の格好付けは半端じゃないと思います・・・。

アイリス:半端に格好付けても、意味ないだろう?
とことんやらないと。

ギュンター:正直、お前が歯を食いしばってる姿を
見た事がないんだが。いつも、笑ってるじゃないか・・・。
あれだけ優雅に笑って敵を震え上がらせる男を
俺は見た事がない。

アイリス:君の嗤いはそりゃ、迫力あってぞっとするからな。
だが格好付けてるとつい楽しくて、笑ってしまう。

ギュンター:だが実は、歯を食いしばっていたり、してるのか?
影では。

アイリス:私を、超人だとか思ってるのか?
影で歯を喰いしばってても、そう見せないのが、
格好いいんじゃないのか?

ギュンター:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

ギュンターさんが絶句したところで、もうこの辺で・・・・・・。

ギュンター:優雅に見えるのが、はったりなんだな。つまり。
覚悟と根性が座りまくっているのに、そう見えないから
みんなお前の実力に驚くんだ。

アイリス(くすくす笑って):格好の、つけ甲斐が、あるだろう?

ギュンター:・・・・・・・・・そういう事か・・・・・・・・・。

アイリス:そういう、事だ。




posted by あーす at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/385917838
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック