王冠2主要キャラ 神聖騎士達

宝石ブルー神聖神殿隊騎士

敵方キャラ紹介 インタビュー 虹アースルーリンド世界観
『二年目』キャラ 
  ベル作品一覧

2014年02月19日

アースルーリンドの騎士的「冤罪」

元動画(18禁BL) 

簡単にストーリーを紹介すると
少年が濡れ衣を着せられギルディアスのでっちあげで逮捕され
牢獄へ。
でもってギルディアス始め、牢獄の奴らに思い切り弄ばれる。
後、無罪が証明され、ギルディアスの陰謀も発覚し
冤罪で投獄された者も釈放される。
って感じですね。

ローランデの場合。
rolande-ok.jpg
逮捕され連行される間に
「父は北領地[シェンダー・ラーデン]大公だ。直ちに連絡を入れないと、後々後悔する羽目になるぞ」

知らせを聞いた北領地[シェンダー・ラーデン]の部下達が来て
「北領地[シェンダー・ラーデン]を敵に回す気か」
「闇夜には背後に気をつけるんだな」

…これで直ぐに無罪放免…。


ギュンターの場合

gunter_edited-1.jpg

「お前が犯人だ!来い!」
「……………」
(色々覚えがありすぎて、反論出来ない)

取り調べで股間を触られた段階で、後ろ蹴り。
ギルディアスは気絶。
その後、ぼこぼこに殴り、ギルディアス重症により
ギュンターは牢獄へ。

牢獄での初めての晩、取り囲まれるが、全員殴り倒し
逆に犯して全員自分の下僕にする。

その後、無罪の証拠が上がるまで、次々に逆に犯し
牢獄の主に。

後、冤罪が晴れて陰謀も暴かれ、惜しみながらも牢獄を去る。


アイリスの場合
ailis-ok.jpg
ギルディアスに「お前が犯人だ!」と言われた段階で
「君、馬鹿?」
と、言い「そんな非論理的で理不尽な言いがかりに
従うつもりは無い」
とゴネ続け、強制逮捕しようものなら
「不当逮捕で訴えようか?」
と逆に脅し、アリバイを証明してギルディアスを敗北させる。
(言葉巧みにギルディアスを誘導。
動かない時は体格で脅す。
犯行時刻に居た場所の人物に引き合わせる)

そして後日ギルディアスを調べ、陰謀をかぎつけて糾弾し
潔白な人々を全て釈放させる。


シェイルの場合
sheil.sp1-1.jpg
「お前が犯人だ!」
と言われた時、思い切りひ弱な美少年演じ、連行される際、素早く背後に回り
短剣喉元に突き付けて脅す。
「もう一度言ってみろ。
俺を犯人だなんて言ったら、あの世行きだぞ」

そしてギルディアスがシェイルを放した後、針飛ばし酷い目眩のする麻酔薬で眠らせ
消え行く意識の中のギルディアスに
「もし俺につきまとったら、今度は毒で死ぬぞ」
と脅して消え去る。


ディンダーデンの場合
dindaden.sp-1.jpg
「犯人だ」
と言われた段階で体格にモノ言わせ、人気の無い所へギルディアスを連れ込み
レイプして言う。
「…誰が犯人だ?
もう一度言ってみろ」
「いいか。俺は犯してない。これは合意だ。
お前が『して』と俺に迫ったんだ。
分かってるな?」
と抜き差ししつつ、言って聞かせる。


オーガスタスの場合
ougastas.-okokok.jpg
「誰が犯人だ?」
と大らかに笑う。
「お前だ!」
「誰だって?」
と笑う。
「ええい!お前だと言ってるだろう?!」
「…もう一度聞こう。
…誰だって?」
今度は凄む。
あまりの迫力に、ギルディアスビビる。
「あ…あのその…」
「聞こえないぞ?誰が、犯人だって?」
と長身から見下ろし、のし掛かるように顔、寄せ睨め付け(口元は笑ってる)て聞く。
ギルディアス、あまりの怖さにチビりそうになる。
「あの…貴方じゃ…あり…ません」
「そうだろう」
とにっこり笑う。
そして去って行く。


ローフィスの場合
rofiss_edited-1.jpg
「お前が犯人だ!」
「…………………………」
麻酔薬塗った針飛ばす。
「…………もう寝たか」
そして去る。


ゼイブンの場合
zeiven.sp.jpg
「お前が犯人だ」
「寝ぼけてるな」
「ええいお前が殺したと言ったろう!」
「人殺ししないよう、これだけ気を遣ってる俺にそれ言うか?」
「とぼけるな!
お前が………」
しゅっ!
ぐさっ!
ギルディアスの横の壁に短剣が刺さる。
「お前の言ってる奴は殺した覚えが無いが、お前は殺したと覚えてられるぜ。
言っとくが、俺は手加減が苦手なんだ。
人殺しが嫌いな俺でも、お前は殺せるぞ」
「………お…お…お…」
「俺が犯人だ?
お前の時それを聞いてやるぜ。
最もお前は死んでて、それを俺に言えないだろうな」
「お…お…お…覚えてろ!」
ぐさっ!
喉に短剣刺す。
「………………しまった。
………きっちり、死んでるな。
新しい奴がお前が犯人だ。と言い出さない内に
逃げるか」



ディングレーの場合
dingrey_edited-1.jpg
「犯人だ!」
「お前、俺が誰だか、わかってんのか?」
「犯人だと言ったろう?!」
「…王族を誤認逮捕したら、お前が逆に処刑される」
「お、王族だと?!嘘を付け!」
「なら俺の城で身分を確かめてみろ」
と城に連れて行く。
(体格と迫力にモノ言わせ
ギルディアスを城に連行する)

王族だと証明し、その場で城の護衛に捕らえさせ
逆にギルディアスを投獄する。




…うーん。
素直に監獄入ったの、ギュンターだけ…。
実は結構お人好し。
の評判は、本当かも。

下書きにするつもりが、シーサー下書き無いんで
表示を非表示にしないと更新しちゃう事に
今、気づいた…。
posted by あーす at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 例えば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック