王冠2主要キャラ 神聖騎士達

宝石ブルー神聖神殿隊騎士

敵方キャラ紹介 インタビュー 虹アースルーリンド世界観
『二年目』キャラ 
  ベル作品一覧

2014年02月24日

思い立ってインタビュー 裁縫の出来る人は?

事の発端は、フォルデモルドの逸話から
ギュンターとローランデのえっちについて聞いていて
ギュンターは愛撫しながら服脱がす。
と言うので、具体的にどうするの?
と聞いたところ、ローランデの急所を左右の手で交互に愛撫を施しながら
開いた手でズボンを引きずり下ろす。

と聞いたので、つい両手で愛撫できるの?器用。
って所から、もしかしてギュンターって指先が器用だから
裁縫とかも出来るんじゃ無い?って話になって
ギュンター本人に、繕い物(裁縫)が出来る?
と聞いたところ
「出来ない」
と言ったので、じゃ旅の間とか、衣服が破れた時どうしてたの?
と聞いたところ
「破れた場所がみっともない場所(股間とかお尻ね)
じゃなけりゃそのまま着てるか、宿屋で繕い物出来る女探し
繕って貰った」

って言うんで
「じゃ、見つからなかったら破れたまま着てたの?」
と聞いたら
「だが大抵、外で出会った女が、破れてるの見て、くすっと笑って
『貸して』と言って繕ってくれた」
そうな。
うーん。美男は得。あ、この頃まだ美少年か。

で、じゃオーガスタスは?と聞いたら
「やれば出来るが、凄い縫い目だ」
………………。
ローフィスが
「ひとつの縫い目の幅がやたらひろくて
ジグザグ」
だそうな。

でも縫えるだけギュンターよりマシね。
他に縫い物出来る人って居るの?
と聞いたら…意外にもアイリス。
アイリス、出来るの?って聞いたところ
「私が出来ると意外か?」と聞くので、全員が頷いてた。
だってどう見てもアイリスって貴族のボンボンに見えるし。
「だが繕い物程度だ。
あ、だが刺繍も簡単な物なら出来る」
って事でシェイムに聞いたら
「確かに簡単な柄だけど、とても美しいできばえです」
だ、そうです………。
作者、男のアイリスに負けてます。刺繍なんてさせません…。
あと意外だったのは、ローランデ。
「父に同行した領地見回りの旅の時、良く農家の女将さんの
大量の繕い物手伝ってた」
そうで………。
始めは酷かったけど、数こなす内に綺麗な縫い目で繕えるようになったそうです。

シェイルとローフィスは?
二人は顔見合わせ
「大抵ディラフィス(ローフィスの父親)がしてた。
後は宿屋の女将さん。
針は縫う物で無く、敵を刺す物だ」
…………そういう、使い方ですか…。
ディングレーは当然…
「出来る訳無いだろう?」
ローフィスも頷いて
「こいつの手先は半端なく不器用だ」
そうです……………。
ただ意外なことに、簡単な野外料理とかは、上手なんだそうです…。
料理についてはまた別の機会に。
ゼイブンは?と聞いたら
「俺は器用だから、縫い物も上手い」
「綺麗な縫い目で女の気を引く」
とローフィスが言って
ギュンターも
「女の気が引きたくて覚えたんだな」

………どうやら図星のようです。
ゼイブンって、裁縫もダンスも興味無かったのに
女性の気が引けるので覚えたらしい。
………どこ迄行っても女垂らし………。

あ、追加リクエストがあったので、ディンダーデンにも聞いてみますね。
「…人間の傷とか死体の傷は、縫った事がある」
…裁縫の話してるんですけど………。
「…衣服の縫い物は、女の仕事だろう?」
でも、やれば出来るんでは?
「縫い物の針は小さ目。
人間縫う針はデカい。
俺の手であんな小さな針でちまちま縫えるか」
…でもアイリスは縫えますよ?
「餓鬼の頃だろう?
今は出来ないに決まってる」
今(大人で神聖神殿隊付き連隊の頃)ではしてませんか?
「そんな暇無い。
ゼイブンが毎度騒動引き起こし
尻ぬぐいが大変だし。
暇な時間があったら、今でも縫える」
ディンダーデン「出来ない言い訳だな」
アイリスに、ハンケチ差し出される。
アイリス、にっこり笑って
「これを、あげよう。
私が刺した刺繍入りだ」
金刺繍のワンポイントのお洒落なハンケチに、ディンダーデン絶句。

でもってある日のローフィス。
「やだ!縫い針が無いわ!」
と酒場で女性がドレスの綻び縫おうとして騒いでる。
ふ…と、ローフィスが懐から皮の針入れ慌ててしまおうとしてるのを見つけ
「あら!持ってるじゃない。
それ貸して!」
ローフィス、慌てて背向け、針先に縫った毒(強烈な睡眠薬)
拭って、振り向き渡す。

…こんな光景、シェイルも同様結構ありそう。
シェイル
「俺は絶対武器の針、人前では刺す時以外出さない」
ローフィス
「ごろつき刺そう。として女性に
縫い針として「貸して」と取り上げられた事あったろう………」
「…………あの時は、超慌てた」

…………なんて物騒な義兄弟。
posted by あーす at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック