王冠2主要キャラ 神聖騎士達

宝石ブルー神聖神殿隊騎士

敵方キャラ紹介 インタビュー 虹アースルーリンド世界観
『二年目』キャラ 
  ベル作品一覧

2015年02月18日

アドルッツァ

アドルッツァ
アドルッツァのコピー.jpg

身長 188 p 
金髪 青の瞳


『二年目』のちょい役。
冷たい雪の降る惨劇 (アイリスの回想)では
11才のアイリスの旅の同行者。

アイリスの父親、シャリスが身を寄せる家の
後妻の連れ子。

アイリスからは血の繋がっていない叔父にあたる。
家柄は大貴族の侯爵。
だが母方の家は平貴族で
明るく面倒見の良い庶民派。

実はアイリスの父親、シャリスを書く時の重要人物。
シャリスは早くから両親を亡くし
家庭教師や執事達が面倒見
アドルッツァの義父が様子見に行っていたが
家庭教師が幼いシャリスに悪戯してる事を執事から聞く。

家庭教師がシャリスをさらうので
これを保護し、自宅へ引き取る。

が、アドルッツァの母親が後妻に入った家には一人息子が。
アドルッツァには義兄にあたる。

非常にとっつきにくく、年下には見向きもしない。
故に結局、シャリスをアドルッツァが面倒見ることに。

アドルッツァは一足先に王立騎士養成学校『教練』に進むが
二年下に入学してきたシャリスは
悪戯しようとする男らに狙われまくり
アドルッツァはひたすら頑張る。

アドルッツァにマトモに聞いてないけど…。
シャリスに惚れてるのかな?
「まあ、それなりに」

………ニーシャにも嫌味言われてるし。
ともかく王立騎士養成学校『教練』卒業後
母方の叔父の居る神聖神殿隊付き連隊へ進む。

元々器用だったし、母方の神聖神殿隊付き連隊騎士に鍛えられ
入隊後即戦力で各地を訪れまくり。

シャリスの息子、アイリスを連れてあちこち旅してたようだ。
アドルッツァの友人達も皆、神聖神殿隊付き連隊騎士で
同様あちこち旅しまくっている。

この、アドルッツァと仲間達。
は皆でシャリスの取り巻きをしつつ
シャリスの面倒を見ているので
アイリスの妹、アリシャに
「お父様には美男の騎士達がかしずいてて素敵♡」
と憧れられている。

とっても甘いマスクで軽くて爽やかで
器用で頼りになるので
女性にはとってもモテてるのにね。

ローフィスがシェイルに惚れたみたいに
アドルッツァもシャリスに惚れてる。

が、ローフィス程には惚れて無いけど
シャリスが危なっかしいので
ずっと面倒見ているようだ。

シャリスは父親なのに、息子アイリスには
どう対応して良いのか解らず
(アイリスの母、エラインが
嫌いな婚約者を袖にする為
まだ少年のシャリスを三度も襲って
アイリス、セフィリア、アリシャ
と、三人もシャリスに一言も無く勝手に子供を産んだ為)
代わって結局、アドルッツァがアイリスの面倒見ている。

アイリスが橋渡しとなって、アイリスの兄のような叔父
大公エルベスとも親交が深く
大公家の為にかなりの活躍もしている。

元々アドルッツァは明るく軽い性格だが
神聖神殿隊付き連隊に入隊すると
更に磨きがかかるようだ。

神聖神殿隊付き連隊騎士は、乗馬が巧みであること。
神聖呪文が使えること。
話術が巧みで、短剣が使えること。

が必須条件である。







【『二年目』 キャラの最新記事】
posted by あーす at 04:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 『二年目』 キャラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック