王冠2主要キャラ 神聖騎士達

宝石ブルー神聖神殿隊騎士

敵方キャラ紹介 インタビュー 虹アースルーリンド世界観
『二年目』キャラ 
  ベル作品一覧

2015年05月25日

内輪ばとん。シェイル

sheil.sp1-1.jpg


シェイル。

ディアスさんから、色々お聞きしましたが。

シェイル 内輪の話だろう?

作者 …やっぱ、ローフィスさんとディアスさんの

前だけ、態度が変わるんですね?

シェイル あんたに媚売ってどうする?

作者 確かに。

では質問をどうぞ。

質問

指名してくれた人を、どう思う?

感謝してもしきれない。

殆ど恩人のような人だ。

作者 だから…求められたら何でもする?

シェイル ディアスは俺に出来ない事は求めない。

作者 吐息。ディアスさんですもんね。

指名してくれた人に、望む事。

ディアスは無茶はしない。

と皆が思ってる。

けどワーキュラスが力を使うと

彼は弱る。

ディアスは平気で人の為に、ワーキュラスの力を使う。

彼が今迄どれだけ無茶をしてきたか

ローフィスとオーガスタスだけが知って居る。

絶対…無理は、して欲しく無い。

作者 …そうだったんですか…。

彼あんまりその辺りの事は言いませんからね…。

シェイル そう言うのはオーガスタスが一番

知ってるが、ヤツも口が堅い。

作者 …聞き出すのに、一苦労ですね…。

まあ方法を考えます。

シェイル 作者だからな。いざと成ったら話すかもな。

作者 頑張ります。

指名してくれた人ともし、喧嘩をしたら?

時々だけど

ぼそっ。と人を怒らせる事を言う。

と言うか、殆どからかわれてる。

ついムキに成って怒るが、あっちは笑ってて

ちっともマトモな喧嘩にならない。

ローフィスだと大抵、煙に巻くし。

一番喧嘩して、手応えがあるのはギュンターだ。

作者 貴方が、ギュンターに甘えてる。

とディアスさんは言ってましたよ?

シェイル 教練の、監督生をギュンターがしていて

私が彼の担当生徒の一人だった。

当時、以前のひどい監督生のせいで

自信を無くしてた劣等生を

ギュンターは見事立ち直らせて

尊敬してやってたのに

その後よりに拠ってローランデに

殆ど辱めるようなタチの悪いからかいを

するように成って……。

見損なった。と軽蔑して済めば良かったが

…マジ惚れだ。と聞かされた時、

「駄目だ。こりゃ」

と思ったが案の定だった。

ローランデは紳士だし素晴らしい貴公子だから

決して彼との事はあまり口を割らない。

ウチに抱え込んで、苦しんでないかと心配だが…。

彼は苦しい時、結局いつもギュンターを頼る。

ギュンターが惚れてる。と口説いてる形だが

惚れてるのはどう見てもローランデで…。

あんなヤツに惚れたら、どう考えても悲劇だと

私もローランデも知っているから

二人共結局口が重い。

つい思い切ってローランデに

「好きだ!とこっちから迫り倒せば

あっちもうんざりして

別の相手に乗り換えるんじゃないのか?」

と言ってやったが…。

女相手ですら迫り倒せないのに

男相手にどうやって迫り倒せるんだ?

と聞かれて絶句した。

ハッキリ言って、色事ではローランデは

凄く初だ。

作者 知ってます………。

シェイル 他の相手なら、幾らでもやり様があるし

もうとっくにギュンターを撃退出来てる筈なのに…。

でもその初なところがローランデの良さだから

彼に変わって欲しく無い気持ちもあって…。

こっちはえらく、複雑な気持ちだ。

ギュンターを見るとつい、そのたまった鬱憤晴らしに

突っかかるとちゃんと相手してくれるから

体よく鬱憤晴らしの相手にしている。

まあ…。監督生の時は、いい兄貴ぶりだったのにな。

その印象が、残ってるのは確かだ。

作者 結果、甘えてる。と?

シェイル 甘えてもいい相手だから、いいんだ。

短剣投げても避けるし。

ローフィスはいつも、笑うしからかう。

「そんなヘボしか投げられないのか?」と。

ついギュンターに避けられるとそれを思い出し

思い切りムキになる。

作者 ローフィスにからかわれた分も

ギュンターに八つ当たり?

シェイル あいつは堪えないから、いいんだ。

作者 ………………もしかして、いじめて楽しい相手?

シェイル 他では憎らしいくらいの

ポーカーフェイスだが

ローランデの事だけは顔色が変わるから

からかい甲斐がある。

作者 …結局、いじめですね?

シェイル あんただって良く、ディングレーに

アリシャを差し向けていじめるじゃないか。

作者 …確かに、二人の鉢合わせシーンは楽しいので

お膳立てはします。

シェイル だろう?

作者 …………(ううう…シェイルに言われると複雑な気持ち…)

指名してくれた人に、言って貰いたい一言。

じっと見つめられるだけで、言葉は入らないくらい満足だが

彼はとても声がいいから

良く時間があると、物語を読んで貰う。

作者 ディアスさんにですか?!

それって、究極の贅沢…。

シェイル 良いだろう?

作者 羨ましいです…。

シェイル ついでに言うなら…。

作者 シェイル…もしかしてマルピー系の発言ですか?

シェイル 寝室の最中に、耳元でささやかれると

最高にぞくり。とする。

作者 ………やっぱり………。

どうして貴方は、ローフィスさんやディアスさん相手だと

そうも開けっぴろげかな…。

シェイル 解らないのか?

ひけらかして他を牽制している。

作者 つまり、ローフィスもディアスも自分のものだと?

シェイル ディアスは無理だ。

でも並み居る中で真っ先に俺に声掛けるから

周囲に嫉妬されまくるが

つい、「いいだろう?」と言う態度を取って

羨ましがらせる。

ハッキリ言って楽しい。

作者 ギュンターと喧嘩しすぎて

彼が乗り移ってませんか?

シェイル さあな。でもディアスもローフィスも

真っ当に生きろ。とか、独り立ちをこっちに望んでるから

つい、「それは嫌だ」

の代わりに思い切り暴露しまくる。

ディアスは気持ちが解ってるから

俺が暴露し始めると

幼児の可愛い反抗期のように見るから…。

癪に障るけど

ちゃんと言うべき事は言っとかないと。

作者 そう言う時、ディアスさんは?

シェイル 彼は大人だから、暴露されても

苦笑してる。

………(眉間に皺を寄せて)それとも…

単に幼児が困らせてるだけだ。と

相手にして無いのか?

作者 多分、ディアスさんは内面見えてるから

彼のイメージだと五才位なのに

体は大人で始末に負えないんでしょうね。

シェイル それが解ってるから

一生懸命可愛く迫るが…

ちゃんと、陥落してくれるから

迫り甲斐がある。

作者 ……………。

シェイル、また眉間に皺を寄せて

…それとも…陥落する振りをして

付き合ってくれてるだけなんだろうか…?

作者 ちゃんと悩殺してるから大丈夫ですよ。

シェイル、途端に明るく笑って そうか!

作者 (こういう単純なトコ、確かに可愛いんだけどね…)

シェイル 何か言ったか?

作者 いえ別に。

最後に、作者に一言。

いいか!

ローランデは私の大切な大切な親友なんだ!

いい加減ギュンターを何とかしろ!

あいつのアタマをカチ割ってもいいから

手を引かせろ!

ディアスもローフィスも俺に

果たせぬ夢を見てるが

ローランデはちゃんと、実現出来る。

俺は断言する!

ローランデは気立ての良い、品の良い

気持ちの優しく愛情深い美人が

絶対似合う!

アイリスとタッグを組んで

そういう女を片っ端からローランデに

紹介しまくるからな!

作者 …………ローランデがギュンターに

惚れてると言った癖に…。

恋愛に不器用なローランデに

惚れてる相手が居るのに

別の相手が出来る可能性が

あると思ってるんですか?

大体、ギュンターから逃げたくて

フェールラに走って

結局彼女に去られた心の傷が

癒えてないのに。

恋愛に関してはローランデさんは

とっても繊細で不器用なんですよ?

シェイル …………やっぱギュンター暗殺か……。

ヤツが死んで、取り乱すのも一時の事だ。

アイリスを宛がって夜はヤツに慰めさせ

私生活では俺がつきまとって慰めてやる。

ヤッケルに話したら、絶対慰めに参加するだろうし。

あ、でも……。

作者 (過激な発言に、汗たらたら)でも?

シェイル ヤッケルはきっと、ギュンターをどうしたら

殺れるかが問題だ。と言うだろう。

あいつ、俺の色香には絶対迷わないから

誘って枕元でいちゃついてる隙に

毒針も刺せない。

作者 ……………レッツァディンもその手で

撃退したんですね?

シェイル、ふくれっツラで。 レッツァディンは

誘惑してない。

あっちから勝手に押し倒してきたから、じゃあ。

と毒針で刺そうとした。

掠ったが、逃げられ、毒が回ってフラついてたから

剣で斬り殺そうとしたけど

あいつに剣を振り回されて逃げられた。

結局、メーダフォーテが解毒剤を処方し…。

けど三日は寝込んでたな…。

それ以来、俺を見ると毒蛇を見つけた。

みたいに見る。

作者 そりゃ、綺麗なバラ。の、トゲどころじゃないでしょうから。

あっちにとっちゃ。

シェイル ……………。

では、次を指名して下さい。

シェイル 決まってる。ローフィスだ!

作者 やっぱり…。

彼はもう終わってる。と言っても、聞きませんよね?

当たり前だ!

作者 ディングレーさんはちゃんと、遠慮してくれたんですけど。

シェイル あいつ、凄くごつそうで自我の塊に見えて

わりかし聞き分けがいいんだ。

作者 …育ちがいいから………。

シェイル ともかく、ローフィス以外は嫌だ。

作者 仕方無い。ではローフィスさんで、質問をどうぞ。

質問

指名した人を、どう思う?

二人切りでいると

俺に完全にイカれてるみたいなのに

人が居ると途端、巨乳の金髪美人にデレつく。

俺としちゃ、公私共に恋人で居て

欲しいのに…。

人が居ると兄貴に戻るのは、止めて欲しい。

しかも最近、二人切りで居る時間がどんどん減ってく。

凄く我慢してる風なのに

俺の為に時間を作ろうとしない!

作者 だから…ローフィス的には

自分を抑えて、兄貴にすっかり

戻ろうとしてるんじゃ…?

シェイル 俺は絶対離さないからな!

作者 …そんな貴方も可愛いローフィスさんは

きっとお手上げでしょうね。

シェイル ずっとバンザイさせてやる!

作者 はぁ…………。

指名した人に、望む事。

ヨソ見するな!

他の女と浮気する位なら

幾らでも俺は時間作ってやるのに!

作者 つまり、浮気は許さない!と?

シェイル そういう時の良い訳として、ローフィスはいつも

「ちゃんと女を相手しとかないとやり方を忘れるし

女も口説けないと、神聖神殿隊付き連隊の仕事にも

さし障りが出る。

一種の訓練だし、お前は女じゃないから

訓練相手に出来ない」とか抜かす!

作者 まあ…。ローフィスさんですから。

どれだけでも適当な良い訳が作れるでしょうね。

シェイル、ぶんぶん怒ってる。

指名した人ともし、喧嘩をしたら?

こっちは喧嘩のつもりなのに


あいつはいつも、大まじめで凄くバカな事を言って

煙に巻く。

狸にバカされたみたいに余計腹が立っても

理論武装に隙がないから

結局やり返せない!

作者 その鬱憤が、ギュンターに回る訳ですね。

シェイル いい気晴らしだ。

作者 …………ギュンターがそれを聞いたら絶対

ローフィスに「何とかしろ!」とねじ込むでしょうね………。

指名した人に、言って貰いたい一言。

お前以外見えない。

作者 つまり、ローフィスさんを独り占めしたい?

シェイル 当然。

オーガスタスも言ってたけど、ローフィスは捕まえどころの無い男で

しょっ中ふらり。と姿を消すそうだから…。

旅の間の習性で、一つ所にじっとしてるのが嫌いだ。

作者 そうでしょうね………。

あああ。シェイルの我が儘でまた、

ローフィスさんに戻ってしまった………。

次回はまたまた、ローフィスさんです………。




posted by あーす at 03:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ばとん。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック